食べづわりの症状と対処法

食べづわりの症状と対処法

つわりの症状として、多くの妊婦さんに現れる「食べづわり」。
食べづわりとは、空腹感によって起きる吐き気を、食べることで軽減させようとする症状です。

食べることで吐き気をもよおす「吐きづわり」とは違い、お腹がすくことが気持ち悪いという状態になるため、何かしらを口にし続けてしまうもの。

そんな食べづわりは、どんな人に起こりやすいのか?食べづわりが起こる時期は?どんなものを食べればいいのか?など、食べづわりの主な症状と対策をご紹介します。

食べづわりが起こる時期は?

主につわりの一般的な時期である妊娠5・6週頃から始まり、12~15週にかけて徐々に治まっていきます。
妊娠初期のみに食べづわりになる場合と、つわりの症状が治まると言われている妊娠中期になってはじめて食べづわりになる場合、または妊娠後期になってこの症状が現れる場合もあります。

はじめは食べづわりだったのにだんだんと食べることで吐き気をもよおすようになり、吐きづわりに変わることも。
その逆に吐きづわりから食べづわりに移行する人もいます。とても個人差が大きいようです。

また、食べづわりと吐きづわりが同時に起きるケースもあり、空腹感によって吐き気が起こるけれど食べることでさらに
吐き気が強くなることも。酷いケースだと水を飲むのも辛いということもあります。

どんな人に起こりやすいのか?

よく言われるのが、ストレスが原因で症状が強くなるということ。
イライラする気持ちを食べることで鎮めようとするのと同じように、つわりの時の特有の不快感、胸焼けや胃もたれ、吐き気を紛らわせようとする働きが原因になる場合があります。

妊娠初期は様々な不安があり、思うように動けなかったり、これからの生活、産後のことなど心配ごとが重なりやすいためストレスがたまりやすい状態であると言えます。
この期間はイライラしやすいもの、と割り切って、できるだけ気分転換できる趣味や時間を作り、リラックスしてストレスをためないようにすることも大切です。

食べつわりどんなものを食べればいい?

妊娠中は、お腹の赤ちゃんのためにできるだけ栄養のあるものを、と考えがちですが、つわりの時期だけはあまり気にしなくても大丈夫。食べれるものを食べれるだけ、と医師から指導される妊婦さんがほとんどです。
心配な食べ物は念のため妊婦健診などで相談するようにして、基本的には食べやすいものを食べるようにして構いません。

食べづわりの妊婦さんに好まれているため物は、下記のようなものがあります。

・クッキー、ビスケット
・キャンディ、グミ
・ガム
・炭酸水
・クラッカー
・一口サイズのおにぎり

ほどんどが空腹感を感じて食べたいと思った時にその場ですぐ食べられるもののようです。

つわりは英語で「Morning sickness」といわれるように、朝に症状がでやすい、と言われています。
そのため、朝起きた時にすぐに口に何かを入れることで吐き気を抑えるために、枕元にクッキーやクラッカーなどを置いておくとすぐに食べられます。
また、就寝前に軽く食べておくのも簡単で食べづわりに有効な方法です。

食べづわりの時は、一日三食を心がけるのが難しいもの。
常に空腹にならないように、少量低カロリーの食べ物を小分けにして食べることで十分です。

自分にあった食べ物を見つけるのは難しいかもしれませんが、少しでも自分が食べたいと思ったものを少しずつ食べて、食べづわりを乗り切っていきましょう。

スポンサーリンク
つわり対策商品一覧